宮崎牛の寿司、絶品とはこの事

仕事柄色んなレストランに取材に行きます。
そして、日本の雑誌に書くことが多いため、自ずと日本食レストランが多くなります。
 
今日撮影+取材に行ったのは、アメリカの食通が集まるビバリーヒルズ。
ここで、開店14年目の寿司店があります。
昼休みの時間に行ったにもかかわらず、お客さんが途切れない人気店。
厨房を守るのは、この道30年のベテラン板前兼オーナーの日本人男性でした。
魚の仕入れも全てご本人が担当するそう。
メインはもちろんアメリカにいることを忘れるくらいの本格寿司ですが、海鮮、新鮮な肉や野菜を素材にした本格炉端焼きも提供しています。
 
寿司のネタは新鮮、握り方は絶妙。
さらに、きめ細かな日本的サービスが行き届き、とても心地いいレストランでした。
取材用にいろいろ出してくださったのですが、ロサンゼルスの数ある寿司店でもなかなか食べられない宮崎牛のにぎりがとてもおいしかったです。

sushi.jpg

表面を炙ることで、肉本来の旨みが凝縮。
肉は日本から直接仕入れた最高級で、口の中に入れるとじわ~っととろけるのです。
ウニ載せの方は、ウニの適度な塩加減とクリーミーさが超美味。
肉の存在を邪魔するかなぁと思ったのですが、互いの味や食感がちゃんとわかるわりには、謙虚に互いを引き立て合うという感じ。
くどさは一切ありません。
ふっと息を吐く時に鼻腔をくすぐる肉の香りがたまりませんでした。
 
これを絶品と言わずして何と言う…。
それくらいのおいしさでした。
 
2貫食べればもう十分。
本当においしいものを食べると、少しで最大の幸福感が味わえるのですね。
 
ごちそうさまでした。
 
<店情報>
Yu/Mi Sushi & Robata
http://www.yumisushibh.com
9530 S. Santa Monica Blvd., Beverly Hills
Ph: 310-859-3488

Source: https://www.google.com/_/chrome/newtab?esp...