衝撃だった風景

「猿の惑星」。
1968年のアメリカ映画です。
ご存知の方も多いと思いますが、その後、たくさん続編が作られている名作です。

上映当時、僕はまだ生まれていませんでしたが、おそらく小学校(8歳くらい)くらいの時でしょうか、TVでやっていたのをたまたま見ました。
何と言えばいいのか、全てのシーンでインパクトがあり、幼心に夢中で見たのを覚えています。

そしてあの有名なラストシーンですよ。
大どんでん返しというか、超ショッキングというか。
とにかく衝撃的でした。

あれから40年。
48歳になった僕は、先日お客様からのご要望の撮影地のロケハンに行きました。
ロケハンというのは、事前にロケーションを確認すること。
特に初めて行くところは、あらかじめ状況を把握しておかないと撮影できませんからね。

ご希望の地は「Point Dume」というこのビーチ。

Point Dume 猿の惑星

場所はこちらです。
風光明媚で、地元の人しか来ないようなローカルのビーチでした。

写真左側に上に続く歩道があり、そこを上がること10分弱。
大絶景が待っていました。

じゃーん!眼下にはパノラマの大海原が!

じゃーん!眼下にはパノラマの大海原が!

一枚目の写真の反対側を望んだ風景。

一枚目の写真の反対側を望んだ風景。

日は変わって撮影当日。
新郎新婦をホテルにお迎えに上がり、現場に向かいました。
30分ほどの車中でご夫婦といろいろお話をしました。

僕:なぜPoint Dumeを指定されたのですか?僕はこちらに住んで17年になりますけど行ったことなかったですし、日本人の方からこの地を指定されるなんて思ってもいませんでしたよ。
奥様:私の好きな歌手(グループ)のPVのロケ地なんです。
僕:へー、そうでしたか。アメリカのグループですか?
奥様:いえ、日本人です。
僕:そうですか。
奥様:あと、私は観たことがないのですが、「猿の惑星」という映画のラストシーンのロケ地だそうです。

その瞬間、あの有名なシーンとロケハンの時に見た風景がピタッと合いました。

わぁーーー、そうそう、ここここ!40年前の記憶でも鮮明に合致するものですね!

わぁーーー、そうそう、ここここ!40年前の記憶でも鮮明に合致するものですね!

僕:えええええーーー、そうなんですか!ロケハンした時は気づきませんでしたが、今完全に一致しました。確かにそうですね、あの風景は!

と、僕は車内で一人で興奮してしまいました(恥)。
奥様には申し訳なかったのですが、その歌手のことはほとんど触れず…(苦笑)。

ちなみに、これがその場で撮った写真です。

Y+K_135.jpg
Y+K_173.jpg

昔の映画はロケ地がないと撮影できませんでした。
そして、その場に行ってセットを組んで撮影していました。
ですから「映画のロケ地」というものが確かに存在しました。
しかし今は、CGでいくらでもロケーションをクリエイトできる時代。
「映画のロケ地」がどんどんなくなっているそうです。

ところで、ロサンゼルスにはたくさんの映画のロケ地があります。
追って紹介していこうかと思っています。

あ、奥様がファンの歌手ってこれだと思います。

確かにPoint Dumeが映っていますので、ほぼ間違いないかと。

----------------------------------------------
竹部茂教/たけべしげよし
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
info@shigie.com
----------------------------------------------

猿の惑星

フルハウス!

先日、サンフランシスコ旅行に行きました。
10年ぶり4回目のサンフランシスコ。
カリフォルニア文化発祥の地と言われるだけあって、同じ州でもロサンゼルスとは全く雰囲気が違う素敵な場所でした。

ロサンゼルスには映画やテレビのロケ地はたくさんありますが、当然サンフランシスコにもあります。
SFOに到着してすぐに向かったのがここ。

2D25CA61-EC4E-41E8-89F1-D15408350BF2.JPEG

テレビドラマ「フルハウス」(原題:Full House)のオープニングでタナー家が楽しくピクニックするシーンが映し出されますが、そのロケ地です。
私が立っているのが、「Alamo Square」(アラモ公園)。
ここの芝生でピクニックしていたのです。
その背景に映っていたこの住宅群は、「Painted Ladies」という何ともセンスのいい名前が付いたビクトリア様式の七軒の家。
この周辺には、19世紀に建設された住宅が今でもたくさん残っており、史跡地区になっているようです。

ちなみに、公園内にはこんなおしゃれなカフェも。

IMG_7126.JPG

「フルハウス」はもう30年も前のドラマですが、今でもたくさんのファンがいるんですね~。
到着したら大勢の観光客が写真を撮っていました。
それだけ面白かったということ。
調べたところによると、初回は1987年9月22日、最終回が1995年5月23日で、8シーズンあったようです。

妻がここに行きたがり、正直私はそれほど乗り気ではなかったのですが、行ってみたらテンション急上昇(笑)。
「へー、これがあのシーンの場所かぁ…」ととても感動しました。

ロケ地巡りの意外な楽しさに気づいた旅でした。

----------------------------------------------
竹部茂教/たけべしげよし
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
info@shigie.com
----------------------------------------------

サンフランシスコ

2019年、明けましておめでとうございます

新年が明けました。
平成最後の正月です。
17年間アメリカに住んでいても、日本人としては元号が変わること=大きな歴史の転換時に違いありません。

というわけで、これを機にこのサイトでもブログを書こうと思った次第です。
実は以前一時書いていたこともありましたが、不精なばかりに長続きしませんでした。
今回は気負うことなく、書きたい時に書いていこうかと。
内容は決めていませんが、どうせなら日本人の方が楽しめるロサンゼルス情報をいろいろ書いていければなぁと思っています。

ベニスビーチ

上の写真は、サンタモニカのお隣(南)にあるベニスビーチ
典型的なカリフォルニアを感じられるロケーションで、たくさんのヤシの木が茂り、年中ボーダーやサーファーたちがたくさんいます。
ビーチ沿いには賑やかな商店が建ち並び、少々不良のかおりするユニークなビーチシティーです。
この若者、サーフボードを担いでスケボーに乗っていますね。
なんだか南カリフォルニアを象徴するシーンだなぁと思い、iPhoneでパシャリ。

今でもこういうのってかっこいいなぁと思います。

----------------------------------------------
竹部茂教/たけべしげよし
Shigeyoshi Takebe Photography
http://www.shigie.com
info@shigie.com
----------------------------------------------

ベニスビーチ